ILCプロモーションイベントの詳細をお伝えします!

昨日4月16日、渋谷ヒカリエの8階にてILCプロモーションイベントが行われました。発起人の押井守監督をはじめ、東京大学特任教授の山下了氏やクリエイターの木村優氏などILC Supportersに参加している著名人の皆様が一堂に会し、ILCを日本に誘致するための活動を行っていくことをマスコミ各社にPRいたしました!いよいよILC Supportersの活動がスタートします!

当日のコンテンツ

まずは押井守監督より、ILCに関するショートムービーの発表と発起人挨拶が行われました。
アインシュタイン、そして彼の言葉「神はサイコロを振らない」をテーマにした印象的な映像とともに押井守監督のILCプロジェクトに向けた思いを語っていただきました。
「ILCができたからといってすぐに何かの役に立つとか経済効果を生むとかいったことはない。つまり、ILCは真に純粋な学術目的のみに根差したプロジェクトであり、だからこそ取り組む価値があると考えている。ILCの話を聞いた時、今までアニメという実体のないものにずっと取り掛かってきた自分も、一生に一度くらいは世界のために役に立つものに携わりたいと思った。自分がこのプロジェクトを応援しているのはそういう理由がある。」
アニメーション一筋に生きてきた押井監督ならではの言葉に、会場が拍手に包まれました!

 

次に、山下了特任教授からILCがどのようなものなのか、また、なぜ作るのかについてご説明いただきました。
筆者自身も完全に理解できているわけではないのですが笑、いままでヨーロッパにあったCERNという研究施設では足りない出力を補うために新しい研究設備が必要だそうで、その有力候補地に選ばれているのが日本の岩手県!らしいです!
そしてILCができると、今まで全く未知であった宇宙の姿、例えば宇宙の本当の形やワープの可能性、四次元を超える第五の次元の存在などが明らかになるようです。というのも、ILCはその中で極小のビックバンを引き起こすことができる装置で、そのビックバンを観測することによって宇宙の真実が見えてくる、という理屈だそうです。
詳しくお読みになりたい方はこちらからお願いします!

 

その後、アニメーションプロデューサーの竹内宏彰氏よりILC Supportersの説明、アニメーション監督の森本晃司氏よりロゴマークの発表がありました。ロゴマークは宇宙やビックバンといった要素を簡潔に図案化したものだそうです。体につけてSNSにアップするのにピッタリの、おしゃれなロゴマークとなっています!

 

そして、Supportersのメンバー全員が壇上に上がり、学生も交えてのSupportersの紹介が行われました。押井監督を中心に、豪華なメンバーがそろっています…! Supportersの一覧はこちらからご覧ください!

最後に、押井監督、山下特任教授および竹内氏を交えたトークショーが行われました。この模様は、後日このブログにて余すところなく掲載いたします!

会場には、エヴァンゲリオンのキャラクターデザインを担当されていた貞本義之氏など登壇予定ではなかった著名人にも多数お越しいただき、大盛況の中イベントは終了しました。
ILCの誘致に向け、最高のスタートダッシュとなりました!

これから

ILC Supportersは、これからどんどん活動を広げていく予定です。もちろんこのブログやSNS(Twitter、Facebook)でも随時情報を発信していきます!
そして一月後、5月14日にブリーフィングイベントを行い、そこでILCプロジェクトの中間発表をいたします。その場で皆さまに良いご報告ができるよう誠心誠意努力してまいりますので、ご支援をよろしくお願いいたします!このイベントにつきましても、詳細が決まり次第こちらのブログでご紹介いたします。

ILCの誘致実現には皆さまのご参加が不可欠です。参加方法は簡単、体のどこかにシールを貼り、SNSにアップするだけ!(詳しくはこちらからご覧ください。)

ILCを日本に誘致し、日本の、そして世界の科学を次のステージに進めるためにどうかご協力をお願いいたします!