KAWAIIクリエイター・声優の木村優さんにインタビュー!!

2018-08-02T09:35:11+00:006月 29th, 2018|0 Comments

ILC SupportersスペシャルトークショーKAWAIIクリエイター・声優の木村優さんにインタビュー!!


はじめまして!ILC学生サポーターズの永見です!

今回は、ILCサポーターズに就任された日本カワイイ大使の木村優さんにインタビューして参りました!

木村優さんのILCに対する思いを沢山聞いてきたので、ここにまとめます!

※この記事はインタビューの内容を書き起こしたものです

木村優さんの詳しいプロフィールはこちら↓↓↓

木村優 Kimura U
KAWAIIクリエイター・声優
外務省より原宿ファッション日本代表「カワイイ大使(ポップカルチャー発信使)」に
任命され世界各国を歴訪。
ファッションブランド「KawaiiHolic.」を立ち上げ、中国国際映画祭やアメリカなどのクールジャパンイベントでファッションショーを開催。
近年では声優としてアニメ「アイドルメモリーズ」で準主演に抜擢され、
NHK「Kawaiiどーもくん」のキャラクターデザイン、アイドルグループ「わーすた」の衣装デザインを手がけるなど、
日本が誇るKAWAII文化やアニメなどのポップカルチャーを発信する第一人者となる。

 

「クリエイターそしてモデルとしての顔」

永見「木村さんは普段どのような活動をされているのですか?」

木村「私のブランド「KawaiiHolic.」のデザインやイラストを描いたり、「わーすた」さんというアイドルグループの衣装デザインも担当しています。

永見「クリエイターなんですね」

木村「元々は原宿系ファッション誌「KERA」の読者モデルだったんです。今もモデルをさせていただいてるのですが、始めたばかりの頃は可愛い服を買うお金が無くて仕方なく自分で服を作ってたんですよ。そしたらその服が面白いね!って雑誌やテレビで紹介していただけるようになって。それがきっかけで、外務省さんに原宿系ファッション日本代表の「カワイイ大使(ポップカルチャー発信使)」に任命していただいて世界各地で自分の作ったお洋服のファッションショーをさせて頂けるようになりました。」

 

「科学がもたらす変化とは?」

永見「ILCサポーターズに入ったきっかけなどを教えて下さい」

木村「きっかけは私のアニメの師匠、竹内さんからのお誘いです。竹内さんに誘われたら断るなんて私の中ではあり得ないので(笑)。でも実は私、偶然にも三ヶ月前から物理学にハマっていたんですね。YouTubeで物理学の論文の動画を毎日観ていて、これは運命だ!と直感で感じてILCサポーターズになりました!」

永見「なぜ物理学にハマったんですか?」

木村「物理学の世界は何でもアリなんですよ。パラレルワールドも有り得る可能性があるし、タイムワープも有り得る可能性がある。それが絶対に有り得ないと科学的に証明できないのであれば、有り得るという事と一緒だっていう。わたしはその話を聞いて、そんな考え方ってアニメよりもアニメじゃん!って思ったんですよね。実は現実世界って本当はアニメより奇なりなんじゃないかってすごいワクワクしたんですよ。」

 

「自分の作品がILCと繋がった」

永見「今まで原宿系ファッションブランドのであったり、声優業であったりILCの物理学とはかなり別のジャンルで活躍されていると思うのですが、何か繋がる物があるのですか?」

木村「そうですよね!私のやってる事ってどれも関連性が無いように見えるかもしれないんですけど、実は今自分で漫画を描いていていずれアニメ化したいと思っている「ピスタとチオ」という作品があるんです。その内容が現在の日本のパラレルワールドの世界を舞台にしていたりと、物理学とすごく密接しているんです。もしも日本の首相が実業家出身で、しかもそれが製薬会社出身の人で遺伝子行動学で政権を支配したらっていうパラレルワールドの世界。」

永見「期せずして自分の作品が物理学の世界に大きく関係するものだったと。」

木村「そうなんですよ。しかも脚本を描くうちにストーリーを作るという事自体、全て物理学で説明ができる事に気がついたんです。むしろ物理学の法則を無視して自分がこういう話を作りたいとコントロールしようとするとお話が薄っぺらくなる。わたしはそれを「心のままに理論」って呼んでるんですけど、キャラ(人間)の心ってコントロールすることは絶対にできない。作者でさえも。だけど、心のままに生きるキャラをポンッ!てストーリーの中に登場させると、周りのキャラは影響を受けてお話がどんどん展開していく。ONE PIECEのルフィみたいな心のままに生きるキャラが周りをどんどん巻き込んでいくように。これは物理で言うと量子力学の「共鳴」だと私は思っていて、この法則を無視して作者の私がこういう話がいいから!と、ストーリーをコントロールして動かそうとすると辻褄が合わなくなっちゃったりするんですよ。自然の法則に則って描かなければ嘘になる。アニメって本当はすごくリアルなんですよ。アニメから物理学を学び、物理学からアニメを作るみたいな感じですね。」

 

「ワクワクの気持ちを持って発信すること」

永見「ILCサポーターズとしてどんな活動をなされたいと考えていますか?」

木村「とにかくワクワクの心をもって発信していきたいです!ただ発信するだけじゃなくて、まず自分がワクワクして発信していきたいと思っています。それが「共鳴」を起こし周りを巻き込む唯一の方法です。私達はルフィにならなくちゃいけない。私自身、学生時代物理学にほとんど興味がなかったのですが、YouTubeのおかげで手軽に見れて、しかも面白さがわかりやすく凝縮されていて、興味を持ってワクワク勉強することが出来ました。」

永見「みなさんにワクワクしてもらえるようにするのが大事なんですね。」

木村「その為にはまずILCサポーターズのみなさん1人1人がめっちゃワクワクしてこのプロジェクトにハマる事が1番大事。実際ILCそのものが本当に面白いものだと思うんです!ビックバンを起こすということは、宇宙の起源を知るということ。この世界の起源を知るということなんです。もしかしたらそれは「なぜ人は生まれたのか」、「何のために生きるのか」、「この世界は何のためにあるのか」を紐解くきっかけになるかもしれない。私はその答えがどうしても知りたい!これは私だけじゃなく、本当は全人類が細胞レベルで知りたがっている問いだと思うんです。わたしはワクワクを持ってこの気持ちを発信し、ILC誘致を実現します!」


木村優さんからのメッセージ動画はこちら↓

 


ILCサポーターズヘ参加はこちらから!

ブログ一覧に戻る

Einstein’s Dice

アインシュタインの骰子
Watch The Movie
close-link
1 Shares
Tweet
Share1
Share
+1
Pin
Email